スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本気を見抜く目

数日前の夜中、唐突に父ちゃんが咳き込み始めました。

それがかつて聞いた事のない程の、尋常ではない咳き込みぶり。

慌てて部屋を飛び出すと、1階から「心配せんでええ!」という父ちゃんの声が。

いや、そうは言われても…と迷いつつも階段を下りようとすると再び、「来んでええ!」という声。

しかしこのまま何食わぬ顔で部屋に戻るわけには…とうろたえるわたしを知ってか知らずか

さらに父ちゃんは続けます。

「大丈夫やから!」

「いいから、もう寝てなさい。」

「モモちゃん、ネネちゃん。」

………え?

わたしに言ってたワケではないのか…。

27_1.jpg

後で聞けば、真っ先にモモとネネが「なんぞ!なんぞ!」と駆けつけたそうです。

父ちゃんがニヤニヤしながら教えてくれました。

しかも咳き込みの原因は、お茶を飲もうとして気管に詰まらせたのだとか。

まったく夜中に人騒がせな…。

いやそれにしても、飼い主の常らしからぬ姿を見ると、モモネネ姉妹も狼狽するのだね。

飛んでくるとは可愛いじゃないか。

恐らくわたしが病に倒れれば、父ちゃんの倍は心配し、慌てて馳せ参じるに違いない。

と、ふと思い付き、わざとゲフゲフ咳き込んでみました。

さあ、どこからでもいらっしゃい。

27_2.jpg

だが来ない。

モモちゃん、ネネちゃん、わたしはほれ、この通り、大変お苦しそうですよ。

27_3.jpg

なんということでしょう。

ハナから仮病と決め付けたその態度!(いや仮病ですけど)

まあでもそれも仕方が無いかな。

父ちゃんのあの苦しみようを見た後ではインパクトに欠けるというもの。

あの時、わたしと共に部屋におり、事の顛末を知らないユウマであればきっと心配してくれるはず。

ユウちゃん、大変胸が苦しゅうございます。

27_4.jpg

でしょうね…。

元よりユウマには期待していませんが、意外だったのはレイジ兄さん。

この騒ぎの中、すでに就寝していたレイジは、顔すら見せませんでした。

父ちゃんが咳き込んでいた時も同じくスヤスヤ寝ていたそうです。

君は睡眠>>>飼い主か。

まあ、いいや…。仮病で4兄妹の気を惹こうとしたわたしが浅はかだったのです。

ちょっと心配させてやろうだなんて言語道断。我ながら虚しい遊びを思いついたものですよ…。

と自分の行動に落胆していると

27_5.jpg

ええ……。

モモちゃん……。

ネネちゃん……。

27_6.jpg

ユウちゃんまで……。

まさか、みんなして集まってくれるだなんて(寝ているレイジ除く)

そんなに…

そんなにも心配だったのかい?

27_7.jpg

片付けようとたった今、手に取ったこのオヤツが……。


スポンサーサイト
プロフィールProfile

ちっち

モモ パピヨン
2005/3/20生 難聴に負けず逞しく成長。

レイジ ヨークシャテリア
1997年生 長男。妹大好き。

ユウマ ヨークシャテリア
2009/03/12永眠 力いっぱい不器用な次男。

ネネ パピヨン
2006/08/25生 甘え上手な末っ子。天然。

ちっち 人
うどん県で犬タチと暮らしています。

ランキングRanking
にほんブログ村 犬ブログへ
参加中のランキングです。
カレンダーCalendar
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事Latest Entries
アーカイブArchives
10  07  06  05  04  03  05  04  03  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  12  05  03  12  11  10  09  08  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カテゴリCategories
オススメRecommend
検索フォームSearch
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンクLink
アレコレ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。