素敵なお便り

心が洗われるってこういう事なのだなあ。

読者の方からとても素敵なお便りを頂きました。

10_1.jpg

白黒さんらも小競り合いしとらんで、ちょっと聞いてくださいな。

ブリーダーからの飼育放棄犬・猫をレスキューし、里親さんが見つかるまで一時預かりをされているというその方は、現在6匹のワンコと暮らしてらっしゃいます。

おうちに残ったのは全て里子にすら出せないほど状態の酷かった子ばかり。

その中に1匹のパピヨンちゃんがいるのですが、このブログを最初に見た時、飼い主さんはモモと同じ犬種だとは思えなかったそうなのですよ。

10_3.jpg

いや…違うよモモちゃん…。

毛のないその子は「アカラス」にかかり、目も潰れ、散歩に出れば道行く人が避けて通るほど酷い状態。生きる気力すら失っていたそうです。

安楽死という選択もあったけれど、やはりどうしても死なせる事はできなかったそう。

10_4.jpg

それから、飼い主さんとパピヨンちゃんとの生活が始まりました。

毎日の投薬に薬浴、苦労の連続だったでしょう。

10_2.jpg
ユウマは薬浴真っ最中。

そうして5ヶ月が経過した現在、少しずつ毛が生え、本来の姿を取り戻しつつあるそうです。

外に出ても、もう人から避けられる事はありません。

10_5.jpg

これだけでもすでにウルウルきとりましたが、次の言葉にわたしの涙腺完全に決壊。滝。

パピヨンちゃんと飼い主さん、「いつかこんな風になろうね」って目標にしたんですって。

モモを。

10_6.jpg

いいんですかモモで。

諦めずに頑張れたのは、このブログのおかげだとおっしゃってくださいまして…。

なんていうかもう…

こんな有難い話がどこにありますかっぅうううわあああーん!!(感極まりすぎた)

物凄く光栄に思うと同時に、なんだかちょっぴり気恥ずかしい。

だって常々尊敬している保護活動をされている方から、こんな風に言っていただけるとは夢にも思ってなかったわけでして。

果たしてわたしはしっかりと飼い主業務を果たせているか?

いやまだ足りん!全然足りん!

10_7.jpg

もうほんと頑張ろう。

力量以上の評価を受けて、「ちょっ!ハズカス!」と思わなくてもすむように。

この子たちがうんと幸せでいられるように。

10_8.jpg

パピヨンちゃんの治療は来年5月まで続きます。

素敵な飼い主さんだもの。

その頃にはきっと避けて通っていた人が振り返るほどの美人になれるよ。

プロフィールProfile

ちっち

ちっち 人
うどん県で犬タチと暮らしています。

モモ パピヨン
2005/03/20-2018/05/20 難聴に負けず逞しく成長。

レイジ ヨークシャテリア
1997/07/15-2014/10/29 長男。妹大好き。

ユウマ ヨークシャテリア
2009/03/12永眠 力いっぱい不器用な次男。

ネネ パピヨン
2006/08/25生 甘え上手な末っ子。天然。

柊と蓮 パピヨン
2018/11/01生まれの兄弟

パピヨン兄弟のストーリーは別ブログ
我々はパピヨンである。」でご覧いただけます
我々はパピヨンである

twitter
ランキングRanking
にほんブログ村 犬ブログへ
参加中のランキングです。
カレンダーCalendar
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事Latest Entries
アーカイブArchives
05  03  02  10  07  06  05  04  03  05  04  03  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  12  05  03  12  11  10  09  08  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カテゴリCategories
検索フォームSearch
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンクLink
オススメRecommend
アレコレ