スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊ぶともー!



「今日は俺と一緒に寝ようなあー」

我が家のお犬様タチは、とっても仲が悪いので(特にレイジとユウマ)同じ部屋で寝かせると、必ず夜中に乱闘騒ぎが勃発します。
うるさくて眠れない…。
そこでレイジは母ちゃん、ユウマは父ちゃん、モモはわたしと一緒に寝ておるわけです。

それなのに昨夜はレイジが上のような我侭を言い、ベッドからピクリとも動かないので、モモは母ちゃんと一緒に寝てもらう事にしました。

夜が明けて



「マミーどこに行ってたんでちかー」

1階に降りるとモモが待ち構えていました。
何年ぶりの再会かと思うほどの歓迎ぶりで目なんかウルウルしちゃってますよ。

得意げに言っちゃいますが、モモはね、家族の中でね、わたしの事が一番に好きなんですようーウフー。

しかし、ここからは切ない切ない別れの時間なのです。
仕事に行かなきゃならんわたしと、ベタベタと甘えたがっているモモ。
外出しようとしている雰囲気を察知するや、なんとか気を引こうと必死です。




「マミー!モモの大事なわんこタンあげまち!」

はう。
ま、負けないぞーその手には乗るもんかー。




「あげまちからあ!」

う、おおおお、あああああ


遊ぶともーーーーー!

モモと一緒に遊ぶともーーー!


いつも遅刻ギリギリです。
スポンサーサイト

助けてくださーい!



「モモをなめんじゃねえでちよー」



「はい。とてもとても恐ろしかったです。」

こう語るのは、香川県在住のユウマさん。
一体、彼の身に何が起きたのでしょうか。

「その日、僕は家の車庫で運動をしていました。天気が悪かったりすると、散歩は中止になるので車庫で少し遊ぶんです。」



「そこへあいつがやって来たんですよ。『モモと遊ばなーい?』なんて言いながら。」

「特徴?…そうですね。やたら語尾に『でち』をつけて話してましたね。」

「とにかくですよ、これは怪しいと無視したわけなんです。」



「そしたらね、突然襲い掛かってくるじゃないですか。もうびっくりしちゃってね。」



「でもそこはホラ、僕だって男ですからね。ハハッ。勇気を出して立ち向かったんです。」



「だけど、どんなに怖い顔をしても怯むどころか、ますます攻撃が激しくなってきちゃってね。」



「とうとう壁際に追い詰められちゃったわけ。そしたら今度は体当たりをしてくるんですよ。壁際でしょ?もうその度に壁とあいつに挟まれて、『ウッ!』ってなったりしてね。」



「こりゃたまらんってんで家の中に逃げ込もうとしたんだけどね」



「全部、失敗。」



「そこからは記憶が定かじゃないんです。無我夢中でしたからね。とにかくとても恐ろしかった…。今言えるのはそれだけです。」

はい、ありがとうございます。ユウマさんが自らの恐怖体験を語ってくれました。
ユウマさん、おつかれ!

散歩サプライズ

散歩中の出来事です。



「ハッ!あれは何だ!」

え?



「……匂いまちねぇ。」

は?何が?



2匹の視線の先には、小さく人影らしきものが見えますよ。
何がそんなに気になりますか、とよくよく見たら



レイジ with 父ちゃん。

へえ、よく気づいたね、あなたたち。
するとユウマが大興奮です。
普段、仲が悪いくせに、散歩中にバッタリ出会うとうれしそうにするから不思議だわ。



「うおおーー!ヤツを追えー!俺に続けー!」

その時モモは、



「おにいたん!とても無理でち!!」

………ウンコしてました。

一匹犬

ユウマがうちの子になったのは6歳の時。
それまでの6年間、ほとんどケージの中で過ごしていたらしいユウマには、社会性など身に付くはずもなく、いまだ他のワンコには上手く接する事ができません。



「犬なんてキラーイ」

そんなユウマですから、レイジやモモは自分をいじめる悪い奴!
彼の目には2匹はこんな風に映っているに違いありません。



極悪レイジ



凶暴モモ

本当はレイジもモモも良い子よ、ユウちゃん。
ユウマが心を開けば、みんな仲良くしてくれますよ。
たまには自分から近付いてみませんかー?



無視か。

リードはおまかせ!



「今日はユウマおにいたんと仲良くお散歩でち」



「モモが!モモがリードを引いてあげまち!」
「結構です!結構です!」



「おにいたん!モモが引っ張る方向に歩くんでちよ!」
「イヤです。イヤです。」



「そっちはおうちでち!」
「むしろ家に帰りたい!」



「えー?今散歩に出たばかりでちのに、どこか具合でも?」
「おまえのせいじゃーーー!」



「全くわがままなおにいたんでちね」
「なんで毎日毎日こんな目に……」

散歩に出ると、最初の10分くらいは必ずこうなります。
ご近所さんにいつも笑われてますよ!
恥ずかしいからやめて欲しいんですけど…。

脱・カビ子

「マミーなんてええええ、きらああああああいいいい。」



1日一度は嫌われます。

だってモモちゃん、あなた耳に液体を注入しないといけないでしょう。このカビ子め!(カビ子事件はこちらから

獣医さんから「カビ子」宣告を受けて以来、毎日クスリを投与し続け約1ヶ月。
ようやくカビを撲滅させることができましたー!

これで一つ肩の荷がおりたわ。モモちゃん、よかったね。



「きらああああああいいいいいいいい」

はいはい。もうしませんよ!

そろそろ大人の仲間入り!?

「マミー、見て見てーモモのお口ー。」



ん?

おお?



乳歯が抜けてるーー!

いつになったら抜けるかな?と、思っていたら、案外早く抜けました。



ピカピカに磨きましたよ。



3ヶ月前はこうだったのに、ずいぶん成長しましたねえ。



「可愛い仔犬時代はあっという間でちから、せいぜい今のうちに可愛がるとよいでち」

あ…はい…。

くまタン争奪戦

「モモの大好きなくまタンでちよ。」



モモがうちに来た時からずっと遊び相手になっているクマのぬいぐるみ。もう鼻がもげ落ちそうですが、モモがとっても気に入っているので捨てるに捨てられません。

「今日もくまタンと遊ぶでちー。」



そんな様子をじっと見つめる怪しげな影。



「お前ら何してるんー。」

ユウマです。

最近ユウマは、ぬいぐるみで遊ぶようになりました。
いつも楽しげに遊ぶモモを見て、興味が沸いてきたのでしょう。
だけどこれまで遊んだ事がないものだから、大変、大変、遊び方が下手。
いい年こいたオッサンがそんな事では婦女子に笑われてしまいますよ。

良いですか?わたしがこれを投げるから、走って取って来たりするのですよ。時には素直にわたしに返したり、時にはもったいぶってみたり、また時にはモモとひっぱりあいっこしたりして遊んでください。分かりましたか?



「うおおおおおおーーー!ばっちこーい!ばっちこーい!」



「うるさいでち!」
「あぶっ!」



「なんでやねん…」

投げる前から騒ぎすぎ!

朝の光景

マミー、お馬タン投げてー。



イヤです。
わたしはもう寝ますよ。

この部屋は昔わたしの寝室でしたが、現在は多分モモの部屋です。
ベッドとタンスとモモのサークルとモモのクッションハウスとモモ専用体重計とモモのおもちゃがあります。モモの物の方が多い!

モモは以前はサークルの中で寝かせていましたが、そうすると朝4時〜5時くらいには必ず大騒ぎを始めるため、現在はサークルの扉は開けたまま。目が覚めても1人で遊んでいてくれるので朝が少し楽になりました。ええ、少しは。

では、モモちゃんおやすみなさい。
早く寝なさいよ。



はい、マミー。おやすみなさいまち。

そして、朝―。
目を覚ますとこんな光景が。



ちぇりゃああああああああ!

…………………。



無残。

写真では分かりませんが、サークルのトイレシーツをクチャクチャにしてしまっているため、チッコができず床でしてます。
そして、その上にクッションハウスを走らせて、ご丁寧にチッコの範囲を広げてくれていますよ。



あ、おはよーマミー。

おはようモモちゃん。今起きたばかりなのに、なんだかとっても疲れを感じるんですよ。何故でしょうねえ。

アレルギー

近所のリサイクルショップにて10円でゲットした正体不明のおもちゃで遊ぶレイジです。



安上がり。



一体、何のキャラなのか。

実を言いますと、わたくし飼い主でありながらレイジアレルギーでございます。
それも唾液アレルギー。
レイジに舐められると途端に皮膚にぷつぷつと赤い斑点が浮き上がり、痒くなるのです。
それなのにレイジは舐めるのが大好き。
隙あらば腕やら顔やらを舐めようと近寄ってきますよ。美味いダシでもでてますか!?

わたしは痒くなるので逃げますが、うちの父ちゃんはかなりされるがまま。
風呂に入る前に父ちゃんの手を一心不乱にベロベロしているレイジを見たのに、風呂から出てもやっぱり同じ姿勢でベロベロしてます。
30分は経っていますよ。きっと父ちゃんの指はふやけてシワシワになってるに違いないです。



俺ってすごいやろー!?

あの、レイジさん、褒めてません。

抜けない乳歯



マミー、事件でち。

ん?なんですかモモちゃん。

モモの歯が抜けないでち。



あら、本当だ。左の犬歯が2本になってしまいましたね。

モモ誕生から今日でちょうど半年です。
歯も綺麗に生え変わったと思いきや1本だけ残っていました。

ちゃんと抜けまちか??

さあー、どうかなあ?



ええー。困りまちねえ。

ワシの女に手を出すな!

散歩途中、ご近所の猫を発見しました。



モモと一緒にそっと近付いてみます。



こんにちは!モモでち!



モモでちよ!

距離が縮まった途端にこの猫ちゃん、ナ〜ナ〜ナ〜と激しく鳴き始めました。
すると別の方向からもナ〜ナ〜ナ〜と聞こえてきましたよ。

見るとそこには、



お前らどこのシマのもんじゃー

ヒー!真っ黒な猫が眼光鋭くこちらを睨み付けています。



「大丈夫やったか?お前」
「ええ、アンタ。怖かったわ」



ワシの女に何さらすんじゃー



かかってこんかーい



ワシが相手じゃー



やるんかコラー

いえ…お邪魔しました。
モモは一緒に遊びたくてうずうずしてますが、間違いなく引っ掻かれそうなので退散です。
さ、帰りますよー。



えー、モモはまだ遊びたいでち。

ダメですよー。向こうは迷惑そうだしそっとしておいてあげましょう。

遊びたいでち!遊びたいでち!遊びたいでち!

ダメったらダメ!



マミーのバーカ!!

くっ、最近モモが生意気です。

まっくろくろすけ



筆ペンを破裂させた子がいます。

ご丁寧に墨のついたその足で部屋中くまなく歩かれたようで、取り込んだばかりの洗濯物にまで黒い足跡が点々と残っていますよ。
床はかろうじて拭き取れましたが、座椅子などは汚れが落ちきらずシミになってしまいました。うう、許せん。



犯人を捕獲。



洗面台へと強制連行しました。ひどい汚れだ!



突然シャンプーの洗礼を受けて軽くへこんでいます。
これに懲りたらあんなイタズラはもう止めてくださいよ。
罰としてしばらくサークルの中へ入っていなさい。



1時間後―――





あああ…。全く懲りていませんね(涙)

舌チロを考える

よくこんな顔をしてます。



舌チロリ。

この舌チロ、我が家では唯一モモだけがするのです。



男の口元はシュッとしとかなアカン!俺なんか見てみいー。いっつも真一文字や!

ふーむ、たしかにそうかも。
ユウマは飯を食わせろ!散歩に連れてけ!ミッキーを返せ!とあれこれ口は出しても舌は出しません。



俺も暑い時しか舌は出さんよー。

そういえばレイジの舌チロも見たことないなあ。
これまでうちにいた子たち(マルチーズとミニチュアシュナウザー)も舌は出てなかったし。
これは犬種によるもの?それとも個体差?
犬種大百科にもそんなことは書いてないのです。(当たり前だ)
ちなみにこの大百科によると、パピヨンは人懐こさや、他のわんこに対する友好度は高得点!
逆にヨーキーは友好度が低っ!
まさにその通りの3匹がうちにいます。

ちょいフサ



少しずつ耳毛がフサっとしてきましたか?
左下の怪しげなモザイクはわたしの生足です。
見苦しいので画像処理しましたですよ〜!



最近、マミーは太ったんでち!

はい、そこ。やかましいですよ。
お返しにモモの恥ずかしい画像を晒してやります。



ZZZZZZZ…。

なんとご就寝中。め、目がっ!

おすわり!

お座りだけは何とかできるようになったモモです。かなり低い確率ですが。

ではモモちゃん、お座り!



はいっ!

あ…いや…ユウマじゃなくて…。

モモですよー。気を取り直してお座り!

ユウマ「はいぃっ!」

や、だから…あなたじゃなくて…。
今度こそちゃんとやってね、モモちゃん。お座りー!

ユウマ「はいーーーっ!」

…………。

おやつ欲しさに何度でもお座りをするユウマです。
いつもそのくらい言う事を聞いてくれたらいいのに…。
何度言ってもテーブルの上に上るのは止めてくれないんだよね。



ユウマ「うん。それはむりー」

しくしく。

で、モモはちゃんとお座りできるんでしょうか



あい。できまちよ。

おお〜えらいね。10回のうち1回くらいしか成功しないけどね。というか分かっててあえて無視しているように感じるんだけどね…。



レイジの傷はすっかり綺麗になりました。

せ、せつない!



コウタ!マイスウィートハニー!



2年前まで共に暮らしていたコウタです。
ちなみに寝てます。
どこでも、どんな格好でも眠れる、羨ましいシトでした。
しかーし!起きている間は我が家一の暴れん坊。
なんと、レイジですらキャイーン!と言わしめるほどのわんぱく坊主だったのでございます。
けれどそんなコウタですら敵わなかったのがリンパ腫という病気。
不治の病に侵されてしまったコウタはわずか7ヶ月でこの世を去ってしまったのでした。
あれから2年が過ぎて、ようやくコウタの写真も懐かしく見られるようになりましたよ。ああ、可愛い。



寝てます。

そして現在、コウタが眠っていたこのベッドで寝起きを共にしているのがモモ。
コウタの霊が降臨しちゃってるんでしょうか。
負けず劣らず暴れん坊で…。



マミー、早く降りてくるでち!

少しでもわたしの姿が見えなくなると、もううるさいったら!
わたしはね、あなたが歩きながらポテポテと落とした上に、ニシニシと踏み付けてくれたあなたのウンチの後片付けでヘトヘトなんです。しばらく1人で遊んでてちょーだい。



コラ。無視すんな。人が話してる時は、ちゃんとこっちを向きなさいよ。って…



増えた…。

降りてこーい!×2

ああうるさい…。分かりましたよ。降りますよ…。



…せっかく降りてきてあげたのに、何ですか。すっかり二人の世界ですか。



「ミッキーは俺のもんやあああ!」
「おにいたん!おにいたん!おにいたん!」

何故わたしを呼んだのですか…。

ドッグカフェと石灯りライブ

友人夫妻とドッグカフェに行ってきましたよ。



さすがは土曜日。わんこいっぱいパラダイスです!



でっかい子も



小さい子もとっても仲良くしてくれてモモおおはしゃぎ。

そんな中でも特に仲良くしてくれたのが



このおチビちゃん。ヨーキーとチワワのmix、1歳の女の子です。



うちによく似た感じの、でかいのと小さいのがいるもんね。
親しみを感じるのかしら。



みんなに抱っこもしてもらって



モモさんすっかりご満悦です。

うちに帰ると怪我犬と内気犬が待っていました。



お前、どこ行ってたんー。

うふ。ひみつでち。

夜は「石灯り月あかりライブ」というイベントに行ってきましたよ。



町おこしの一環で10月1日まで毎週末多彩なイベントが催されております。場所はなんとお寺!

お寺へと続く道もライトアップされてとても綺麗なのです〜!



わたしの写真はちとあれですが…。

この日はここでお友達の所属している、粋でいなせなサックス奏者集団「ダッパーサクセーバーズ」の演奏会が開かれました。



お寺でサックス演奏を聞くってのもなかなかおつなもんですな〜!

残暑のミステリー

つい先日の出来事です。
2階の和室でモモと仲良く遊んでおりました。
この和室の隣の部屋には、モモのおもちゃがたくさん置いてあり、モモはそれを次々と運んできては、得意げに見せびらかして喜んでます。
そうやって何度か部屋を行き来していたモモが、突然何かに怯えるようにわたしのもとへと走り寄ってきました。
膝の上で身を縮めてじーっと部屋の外を見つめています。
しばらくすると、恐る恐る部屋の外を覗いて唸り、またわたしの膝に。
もーう何なの一体!と廊下を見ると

えっと……何もいません……。


マミー、お外に何かいるでちよ。

モ、モモちゃん…何もいませんよ…(涙)



恐怖を物語る尻尾。

やめてください…。

モモが何に怯えていたのかは今なお謎です。
えっとーあの日はたしか雷がピカピカしてたから、きっとそのせいね!
うん…そういうことに…。
プロフィールProfile

モモ パピヨン
2005/3/20生 難聴に負けず逞しく成長。

レイジ ヨークシャテリア
1997年生 長男。妹大好き。

ユウマ ヨークシャテリア
2009/03/12永眠 力いっぱい不器用な次男。

ネネ パピヨン
2006/08/25生 甘え上手な末っ子。天然。

ちっち 人
うどん県で犬タチと暮らしています。

ランキングRanking
にほんブログ村 犬ブログへ
参加中のランキングです。
カレンダーCalendar
08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事Latest Entries
アーカイブArchives
10  07  06  05  04  03  05  04  03  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  12  05  03  12  11  10  09  08  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カテゴリCategories
オススメRecommend
検索フォームSearch
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンクLink
アレコレ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。