スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめかし大好き

毛の長いユウマはブラッシングが欠かせません。
さぼるとすぐに毛玉になるからね。



はいはい、綺麗にしますよー。

しかし、これを毎回邪魔しに来る人がいます。



レ:「どけや!おら」
ユ:「な、なんじゃー!」

そう、我が家で一番のブラッシング好きはこのレイジなのです。
くっ、とかす毛などないくせに。



ふう、休憩。



レ:「もうちょっと!」



もうよろしいか?



レ:「まだ!」

このように気がすむまでブラッシングしてやらないと、どこまでもブラシをストーキングしてきます。暑苦しいやつめ。



レ:「あー極楽ー!」
スポンサーサイト

背筋も凍る怖〜い話

連日うだるような暑さが続いておりますね。
そんなわけで今日は、背筋も凍る怖〜い話で皆様にささやかな涼をお届けしちゃいまーす♪

それは本日早朝の出来事です。
いつものようにわんこ達のご飯と散歩を終えたわたしは、居間でうとうととうたた寝をしてしまいました。

どのくらいの時間が経過したでしょうか。
カシャッ…カシャッ…クシャリ…
耳慣れない音にただならぬ雰囲気を感じ、起き上がったわたしの目に飛び込んできたもの、それは…。


ぬらぬらとなまめかしく黒光りするボディ。
不気味に長く伸びた触角。
イガイガと気味の悪い足。
こ、こ、これは紛れもなく



ゴゴゴッ、ごごおくぁwせdfrtgy(言葉にならない)
しっしかも死んでる!テーブルの上で!(号泣)
ふー!ふー!落ち着けわたし!
心落ち着けて周囲を見渡すと、無残に散らばる足!足!足!(失神寸前)
ますます混乱をきたすわたしにじっと注がれる熱い視線





モ、モモ…。


_| ̄|○





「マミー、今日はモモと遊ばないの?」

う、うん…ちょっと体調悪くて…ごめんね…あっ…ちょっ…舐めないでください…

不思議な行動

手ごろな高さの物を見つけると、とりあえずお腹を乗っけてみる。
この不可思議な行動が、最近モモの中で大ブレイクしているそうです。



あ、あんよ。



よっこいちょ。



あ、こっちにも。



どっこいちょ。

あ、マミーのお顔も。



どっこらちょ。

………モ、モモちゃん……?

ユウマにご褒美



「アヂィイイイイイイイイイ!」

あまりの暑さに珍しくレイジが散歩を拒否。
クーラーの効いた部屋から出ようとしないばかりか、声をかけてもこの姿勢のままピクリとも動かない!

それじゃあ、このところ気苦労の絶えないユウマを今日はゆっくりお散歩に連れてってあげましょうか。



「やっほーーーーーい」

あああ…なんだかすごく楽しそうにしますね、あなた。
こんなに喜んでもらえるなら、これからも1人ずつ散歩してもいいかなあと思ったり思わなかったり…。なんせこの暑さだしねえ…。

それにしても、出掛けにモモにもみくちゃにされたユウマは毛並みがボロボロです。
こないだ洗ったばかりなのに(涙)

そけいヘルニア その後



モモが寝てます。しめしめ。

起きている間は、ジタジタしてゆっくりお腹を見せてはくれないので、いつも寝込みを襲ってお腹のチェック。
寝ぼけてると動きが鈍くなるのよねー。



はい、見させていただきますよー。

お?

おおお?

左足の付け根部分でぷっくりしてたそけいヘルニアはどこへ行ってしまいましたか。



ちょうどこの円の辺りにありました。
心なしか膨らんでいるような気もするけれど、意識して見ないと分からない程度です。
もしかして自然治癒しつつあるのー?
ぬか喜びはできませんが、このまま治ってくれるといいねえ。



「いいからモモをはなちてよ!」

ああ、起きてしまいましたか…。

日々成長

モモがうちに来てから1ヶ月。
食事の時もトイレの時も、遊ぶ時も寝る時も、ほとんどわたしと一緒に過ごしているモモは、気付けばわたしにベッタリな子になっていました。



「マミー、遊んで〜」

わたしがお母たんですか。そうですか。

しかし、いつもこうベッタリされていると困る事もあるわけで。
疲れてる時や眠い時、1階にいる両親にモモを預けて、わたしは2階で休みます。
ところが数日前、なーんとモモが階段を上ってきたではありませんか。
そんなこともできるようになったのね…。

モモの目覚しい成長を喜ぶ反面、これでまた一つ心配の種がー。
その昔、子犬だったレイジが階段をゴロゴロと転げ落ちていく様を目撃しているだけに、気が気ではありません。
滑らないようにと階段にマットを敷き、肉球の間からはみ出た毛を綺麗にカットしてもまだ心配。

結局、塞いでしまいました。
階段はもう少し大きくなってからにしましょうね。



しかし、この処置に大変迷惑しているのがユウマさん。
モモに追いかけられたら階段に逃げるという手が使えなくなってしまいました。

アップで見るともう必死。



モ:「おにいたん、みーっけ」
ユ:「た、た、た、たすけて…」



モ:「モモと遊んで〜!カプッ」
ユ:「キャーーーーーーーー!」



レ:「ユウマ…がんば…」

我が家のアイドル

SW3を見てきました。
エピソード2では、生意気そうな兄ちゃんだのうとしか思わなかったヘイデン・クリステンセンも男前になっちゃってまぁ〜!
おかげで初めて最後までしっかり見れました。
これまでのは途中で寝ちゃってたのよ。

で、唐突に話は変わって帰宅後ユウマを洗いました。
ユウマは体が小さい上に、シャンプーの間は大人しくしてくれるので、洗面台でささーっと洗えて楽チン。
ただ、そこに連れて行くまでが問題なのです。

だって



「ミッキーは渡さねェ!!!」

こんなだもの…。

それでもなんとか連行に成功すれば、犬が変わったかのように大人しくなります。



「お、俺…これからどうなってしまうん…」

遠くを見つめたまま微動だにしません。
もちろん綺麗になるのよ〜!

わっしゃわっしゃと洗ってすすいで、ハイ終わり!
あっという間だったでしょー?



「お、俺…これからどうなって…」

まだ虚ろな目をしてる…。終わったよってば!



はい、綺麗になって男っぷりがあがりましたよ。
まるでヘイデンのようだわ〜!



「だろー?」

涙がでちゃう。だって女の子だもん。

トイレを覚えたと思ったらまた失敗するモモです。
少し前までは成功したらおやつをあげて褒めるのみでしたが、これだけだとモモは失敗しても「おやつは?」という顔をするので、そこは違いますよという事を認識してもらうために、最近は失敗すると「ダメ!」と一声かけてます。
これがかなり効果的で成功率がぐんと高くなりました。
モモちゃんえらいね〜!

で、本日はモモがトイレに失敗して汚してしまったモモ用ベットと、おもちゃをまとめてえいやー!とお洗濯。
綺麗になってすっきりしたね。



「あら?モモの匂いが消えてまち」

うっ!そのポーズはもしかして!

モモちゃん、ダメ!

叱られたモモは慌てて飛び退きます。
しゃがんだ位置を確認すると、あら…何もしていない…。

あ、あははーごめんねモモちゃん、勘違いだったわ。

……モモちゃん…?



「ひ、ひどいでちゅ」

あああああ!とっても傷ついた顔をしている!

それまでの暴れっぷりが嘘のように、すごすごと部屋の隅っこに移動し、動かなくなってしまいました。



「モモ、何もちてないのに…」

あああああ、ごめんなさい、ごめんなさい。

1ヶ月

早いもので、モモがうちに来てから明日でちょうど1ヶ月。
1kgだった体重も、1.8kgになりましたー。



1ヶ月前。



現在。

比べてみると大きくなっちる!
パピーコートが抜け落ちてすっきりスリムになりました。
貧相ともいいますか。

日増しに大きくなり、日増しにいたずらっ子になっていきます。
い、いつかは女の子らしくなってくれるんでしょうね???



「てへ。モモいい子よ〜」



嘘をおっしゃい!

メヂカラ



レイジにも



ユウマにもなくて

モモにあるもの。

それは



まつげー!

ビシバシ生えてます。うらやましいわね、あなた。

ん?分かりづらい?

ではもう一枚。



はい!これ!



やっぱ、女はメヂカラで勝負よね〜!

荒療治

リード噛み切り常習犯レイジ。
誰にも縛られたくないぜ!と言わんばかりに噛み切ったリードは数知れず。
あんたのリード代だけで、これまでいくら使ったと思ってんの!
もうこれ以上、好き勝手させておくわけにはいかないと、あれこれ考え抜いた末、素晴らしいアイテムが我が家にある事を思い出しました。

それは、ユウマやモモがまだいなかった頃、レイジの子犬時代を共に過ごしたミニチュアシュナウザー・チェリーちゃんの形見のハーネス。

確かチェーンタイプでとてもしっかりした作りだったはず。
あれなら絶対に噛み切れまい!
夜中にわっさわっさと押入れを探り、見つけましたよ。
さささ、レイジ君これをつけてみなさい。



ぐあ、似合わねー

こ、こんな悪趣味だったっけな。
とても素敵ハーネスだと思っていたのに、思い出はどこまでも美化されていくものですね。
で、結局また買ってしまいました。
しかも、レイジだけじゃ不公平とユウマの分まで。



なるべくしっかりしたやつをと選んだリードですが、これが想像以上の効果で、なーんと一度も咥えることなく散歩ができたのです。
気を良くしたわたしは翌日、ユウマも連れて散歩することに。

思えばこれが悲劇の始まりでございました。
前日の良い子ちゃんぶりはどこへやら、玄関を出るなりユウマと大バトル!このアホタレが!
玄関前で喧嘩してる飼い犬2匹なんて見た事ありません。
なんとか引き離そうとリードを引くと、首輪ごとずっぽし抜けて、レイジ逃走。
くああああああ!

沸々とわいてくる怒りを抑え「レイちゃん、戻っておいで〜」
努めて優しく声をかけます。近所の目もあるしね!
強く怒れないわたしを知ってか知らずか、呼ばれたら立ち止まり、近付けばまた逃げるを繰り返すレイジ。

うふふふふ。ど畜生!

次の瞬間「待たんかこるぁああああああ!!」と大声を張り上げて全速力で走るわたしと、そのあまりの恐ろしさに地面にへたり込みふるふる震えるレイジの姿がありました。

そしてその一部始終を目撃していたユウマさん。
ここぞとばかりにレイジに駆け寄り「怒られてやんのー!やーい!」と騒ぎ立てたため、一緒に叱られるはめに。

昨日の日記はこの出来事が起こった後のお話です。
あれだけ苦労していたお散歩が嘘のように楽になりました。

疲労困憊



昨日は天気も良く、割と涼しかったのでレイジとユウマを連れて少し遠出の散歩に出掛けました。
車で20分ほど走れば、お散歩にはもってこいの公園があるんですよ。というかあるはずなんですよ。
無事に辿り着けばね。

何を隠そう、筋金入りの方向音痴のわたくし。
「大体あっちの方向」という知識のみで無謀にも出発してしまいました。

そして30分後――

はい!迷子!

いい加減ドライブにも飽きてきた2匹が、赤信号で停車するたびに「着いたどー!」と騒ぐため、どんどこ焦りが募ります。



「着いたか?着いたんか?」

い、いえ、迷子です。

見たこともない道をぐるぐる走り、「もうこのままおうちに帰れないかも…」と不安になってきたその時、どういうわけだか辿り着きました。
あら?なぜに?

ま、まーいっか。着いたし。さー遊ぶぞー!と2匹を見ると、すでにバテバテ。



「もう疲れた。」



「ベンチ…。俺もそっち行っていい?」



「お前は地べたが似合いじゃ」

どこまでも仲の悪い2匹です。

このままのんびりするのもいいかなーと、ぼけっとベンチに座っていると、遠くからたったか走ってくる怪しげなわんこを発見。



ノーリード?でも飼い主らしき姿はなく…。もしかして野良か。
何かあったら怖いので、ダッシュで逃走です。
いったい何しに来たんだか…。



「し、死ぬーー」

あああ、すいません、すいません。

のんびりいきます

モモは耳が悪い子です。
育てるのも、しつけるのも、他のワンコより大変だろうなと思っていました。
が、実際に生活を共にしてみると、ぜーんぜんそんなことはありません。
むしろ、なんて育てやすい子なんでしょうと思ってしまうくらい。
子犬特有のいたずらなんかはしょっちゅうですが、そんなのは耳が良くたってするわけですし。

多分モモの世界には雑音がとても少ないのです。
だから時折聞こえる音にはとても敏感。
大きめの声で「モモー」と呼ぶと、まずは辺りを見回します。
呼んだだけでは、どこから声がするのかまでは分からないようなので、次に壁や床を叩きます。
音と振動で場所を特定できるのです。
こちらを向いたら、あとは「わたしが呼びました!」と分かるように手招きしながら「おいでー」で必ず来てくれます。
レイジのように「めんどくさっ」としぶしぶではなく、ユウマのように「聞こえないふりしちゃえ」でもなく、必ず必ず来てくれます。
「あっ!見つけたよー!」とそれはそれはうれしそうに楽しそうに。
ああああああ、なんて良い子なんでしょう。



だけど甘噛みは困りますよ。
やめてください。そんなうっとりした顔で。

それから、トイレに成功すると貰えるおやつを、うんこしたら貰えるおやつだと勘違いするのはやめてください。



そんな期待を込めた眼差しで見つめられても困ります。
どこでもすればいいってもんじゃありません。

ユウマの抵抗



毛が伸びてきたユウマです。
放っておくと、どこに目があるのか分からなくなるので、最近はチョンマゲスタイルにしているわけですが、この過程がユウマはとてもお嫌いのようで、毎回必ずある行動に出て飼い主を困らせます。
それは



寝たふり。

こんな体勢をとられると、非常にやりにくいわけです。
もちろんユウマはそれを承知で、時折薄目でこちらの様子を確認しながらも、頑なに「寝てます!」という姿勢を崩しません。

わたしが毛束を手に取った瞬間から、意地でも寝の姿勢に入ろうと、下へ下へぐいぐい引っ張り、たとえその顔が大変なことになろうとも、ユウマは必死に抵抗するのです。



何もここまでして…。

とはいえ、最後は抵抗むなしくチョンマゲにされてしまうわけですが。



ああ、怒っていますね。こちらを見ようともしません。

おまけ大好き

tokoさんのサイトで紹介されていたワンコ本。な〜んと、ワンコのおもちゃがおまけでついてる!
ええ、即効で買いに走ってしまいました。



表紙がパピヨンー!(ポイント高し)

で、ついてたおまけは「ぴゅーぴゅーフリスビー」
真ん中を押すとぴゅーと音が出ます。
早速モモに見せてみると



夢中で食らいついてますね。かなり気に入った様子でぴゅーぴゅーと楽しそうです。
と、その様子を



部屋の外からじっと見つめる破壊王レイジ。
自分も遊びたくてうずうずし始めました。



案の定、取り上げましたね。なんて大人気ない。

結局数分後には



こんな姿にされてしまいました。
短い命だったな…。

どうか朝まで



暑かろうと購入した冷え冷えボードには目もくれず、チッコの上で寝るモモです。
やめていただけませんか。

さて、眠る時と人間の留守中以外、サークル外で自由に遊んでいるモモは、ようやくサークル外のトイレも覚えてくれました。
しかし、サークル外のおトイレを使うと、モモのお部屋は汚れないのね!ということも学習したらしく、もよおす度に叩き起こされるわたしです。うう…。

まだ小さいモモのトイレの間隔は大体4時間おき。
夜9時に寝かしつけると、夜中の1時に「トイレよー!」と呼ばれ、朝5時に再び「トイレよー!」と呼んでくれます。
おかげで、日中は脳みそ花畑なわたし。眠いよう…。

プロフィールProfile

ちっち

モモ パピヨン
2005/3/20生 難聴に負けず逞しく成長。

レイジ ヨークシャテリア
1997年生 長男。妹大好き。

ユウマ ヨークシャテリア
2009/03/12永眠 力いっぱい不器用な次男。

ネネ パピヨン
2006/08/25生 甘え上手な末っ子。天然。

ちっち 人
うどん県で犬タチと暮らしています。

ランキングRanking
にほんブログ村 犬ブログへ
参加中のランキングです。
カレンダーCalendar
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事Latest Entries
アーカイブArchives
10  07  06  05  04  03  05  04  03  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  12  05  03  12  11  10  09  08  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カテゴリCategories
オススメRecommend
検索フォームSearch
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンクLink
アレコレ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。