スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2年

3月12日は命日でした。

yuuma.jpg

2年経ったよ。

あいかわらず可愛いね。
スポンサーサイト

思い出アルバム

10_1.jpg


思い出の中のユウマさんは、大体いつも怒っている。


10_2.jpg




10_3.jpg




10_4.jpg


怒っている。


10_5.jpg




10_6.jpg


もしくは困っている。


10_7.jpg


そんなに必死に生きていたら疲れるだろうにと思うくらい


10_8.jpg


誰よりも毎日を一生懸命生きた子でした。


10_9.jpg


ユウちゃんは、いっつもいっつも可愛いよ。


もうすぐ2か月です。



ユウマの贈り物

ユウマが旅立って、1週間になりました。

日が経つにつれ、ユウマを失った悲しみよりも、ユウマがいない寂しさの方が大きくなりつつあります。

が、そんなわたしたちに、ユウマが用意したのかもしれないと思うようなサプライズがあったのですよ。

ユウマの葬儀の前夜、伸パパさんも含めたユウマのファミリー全員で

思い出話に花を咲かせ、笑ったり泣いたりしていた時に、その知らせはやって来ました。

大阪の弟から突然、電話が入り、こう告げられたのです。

「3人目ができた。」

19_1.jpg

「ユウマではないのか!」と、直前までホロホロ泣いていたわたしたちが

大いに盛り上がったのは言うまでもありません。

すでに男の子を2人授かっている弟は、以前から女の子を欲しがっているのだけど

「残念、次も男の子です。名前は優馬にすればいいよ。」と各々好き勝手な事を言い、

その間、少しだけ幸せな気持ちになれたのです。

ユウマの葬儀の日も、また彼らしく、大荒れに荒れた日となりました。

その日、朝から降っていた雨が、ユウマの火葬を行っている間、一段と激しくなり、

風まで伴ってゴウゴウとまるで嵐のような雰囲気に。

19_2.jpg

「最後の最後までなんと騒がしい…。」とこれもまた、わたしたちの涙をひかせる出来事となりました。

その荒れたお天気が、火葬を終え家に帰る頃には一転、嘘のような晴天に。

「さすがはユウマ、絶対に忘れられんよう、きっちり印象付けていったなあ」と伸パパさんも感嘆の声をあげるほど、本当に自己主張の犬一倍激しかったユウマらしい一日でした。

偶然、といえばそれまでだけれど、悲しみに暮れるわたしたちの心が少しでも楽になるように、最後にユウマが残していってくれた嬉しい偶然であったと思っています。

悲しむなと言われているような気がして、それが今、前に進む原動力となっているから、

ユウちゃん、わたしはもう大丈夫ですよ。

3兄妹のことは心配しなくていいからね。

ユウマの一番のライバルだったレイジは

19_4.jpg

張り合いを失って静かに静かに毎日を過ごしているけれど、それでも兄らしく妹たちの面倒をみています。

モモはお兄ちゃんがいなくなった最初の3日間、ユウマがしていたのと同じように

布団に潜り込み、わたしに寄り添って眠ってくれました。

日頃は添い寝なんて絶対にしないのに、わたしが寂しくならないよう気遣ってくれたのかもしれません。

19_3.jpg

最近は断られるようになりましたが。

ネネは毎日一生懸命ユウマの所に行き、ユウマにお供えしてあるオヤツを

「よければください。」と狙っていますよ。

以前から何気に世渡り上手と思っていたけれど、やはりちゃっかりしています。

この3兄妹をユウマの分も大切にしていくから、どうかずっと見守っていてください。

優馬

ユウマの体調がおかしいと病院に駆け込んでからまだ4日。

ユウマが旅立ってしまってからはまだ2日しか経っていません。

なのに、わたしの時間だけが止まってしまったのかと思うくらい、長い長い数日間でした。

ユウマが入院してからの2日間、何度も家と病院を往復しました。

離れるのは辛かったけれど、ユウマは何度も危機を乗り越え、わたしたちを待っていてくれました。

そうして果敢に戦ったユウマも、最後には機械でしか生命を維持できなくなり、

それすらも数時間で限界が来ると分かった時、このままの状態を維持し続けるか

おそらく10分ほどしかもたないけれど、今、呼吸器を外してしまうかを先生に相談され、

わたしたちは呼吸器を外してもらうことを選択しました。

機械に繋がれたまま、診察台の上で死なせるよりは家族の腕の中でと

全員一致でそう決めたのに、「お願いします」という一言をこれほどためらったことはありません。

絶対に助かってほしかったのに、ずっと一緒にいてほしかったのに、そんな望みとは真逆の選択です。

ユウマの最後の時を自分たちで決めてしまった辛さと苦しさは、きっとずっと消えません。

もしかしたらユウちゃんは最後まで頑張り抜きたかったかもしれないね。

余計な事をしやがってと怒っていますか?

でも、小さな体で本当によく頑張ったんだよ。

「強い子です」と先生も褒めてくれました。

心臓の悪い子が、心臓が停止してから蘇生するのは、1度でも大変なことなのに、

この子は2度も戻ってきましたと先生は驚いていました。

どちらも家族が揃っていない時だったから、頑張って待っていてくれたんだね。

ユウマの名前は「優馬」と書くのだとユウちゃんの前のお父さん・伸パパさんが教えてくれました。

その名のとおり、最後に目一杯の優しさを見せてくれてありがとう。

不器用で臆病で怒りん坊なユウちゃんを家族の誰もが愛しています。

14_1.jpg

ユウマへ暖かいメッセージを送ってくださった皆様、お花や本やおもちゃを送ってくださった方々、本当にどうもありがとうございました。

本日、最後のお別れをし終え、ユウマは小さいお骨となってまた我が家へ帰ってきています。

今日のことも昨日のことも、可愛いユウマの最後の記録を形として残しておきたいのですが

まだまだ時間がかかりそうです。


帰ってきました

本日22時45分、ユウマはわたしたち家族の元から旅立ちました。

最後に、生のあるうちに、もう一度ユウマを抱きしめたいというわたしの願いを叶えてくれました。

あんなにワガママでへそ曲がりだったのに、最後の最後でやさしい子です。

今はお気に入りの場所で兄妹に見守られながら眠っています。

落ち着いたらまた、ユウマの話をさせてください。

これまでユウマを可愛がってくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。
プロフィールProfile

ちっち

モモ パピヨン
2005/3/20生 難聴に負けず逞しく成長。

レイジ ヨークシャテリア
1997年生 長男。妹大好き。

ユウマ ヨークシャテリア
2009/03/12永眠 力いっぱい不器用な次男。

ネネ パピヨン
2006/08/25生 甘え上手な末っ子。天然。

ちっち 人
うどん県で犬タチと暮らしています。

ランキングRanking
にほんブログ村 犬ブログへ
参加中のランキングです。
カレンダーCalendar
06 | 2017/03 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事Latest Entries
アーカイブArchives
10  07  06  05  04  03  05  04  03  02  12  11  09  08  07  06  05  04  03  12  05  03  12  11  10  09  08  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カテゴリCategories
オススメRecommend
検索フォームSearch
RSSリンクの表示
QRコード
QR
リンクLink
アレコレ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。